ガールズバーは実際はどんなお店なのか?

ガールズバーは客は気軽に行けるし、女の子も高い時給で働けるので、両社にとってちょうどいいお店です。しかしそうは言っても夜のお店です。ガールズバーと名を打ったお店でも、実際にはキャバクラのような営業形態を行っているお店もあります。そういうお店は客にとっても、キャストにとっても不都合なことしか生まれません。

今回はキャバクラとガールズバーの違いを説明していきます。法律上の区分、料金システムの違い、客層、キャストの立ち振る舞いなど様々な面から解説します。なお今回の情報元はガールズバーオンラインの「ガールズバーはどんなお店なのか?建前と実情を暴露します」という記事を参考にしました。

まず、キャバクラは深夜12時以降営業できない代わりに、お客さんの隣座ったり、一緒にカラオケを歌ったり、いわゆる「接待行為」が法律上認められています。そして風俗営業許可が必要です。

ガールズバーは深夜12時以降も営業できる代わりに、接待行為はできません。つまりカウンター越しに、しかも同じ女の子が長時間同じ客と話すこともできません。この場合風俗営業許可は不要です。

つまり時間的制約がある代わりにガッツリ楽しめるのがキャバクラで、時間の縛りがない代わりにサービス面で色々な制約があるのがガールズバーです。その点において料金システムも大きく差が生まれるのです。

ただ最近ガールズバーの取り締まりが強化されてきています。その背景には未成年の女の子が店長をしていたり、高校生をガールズバーキャストとして働かせいたりする事件が増加しているからです。

またガールズバーと称しながらもキャバクラと同類のサービスを提供しているお店も多いです。無論お客さんとしてはありがたいですが、法律上NGに加えて、女の子も知らず知らずに割に合わない仕事をやらされていることになります。

長期的な視点で見れば、法律の範囲内で最大限に楽しめるガールズバーであるのが望ましいでしょう。それこそがガールズバー業界の繁栄につながるし、キャバクラとの住み分けもできます。

もし経営者がこの記事を見たならば、改めて自分のお店の実情を確認してみてください。それが次の警察の監査の時にきっと役立つはずです。そしてお店も長続きするはずですよ。